カメモ

かめぴょんのメモです。思いついたことを気楽に書き綴ります。

かめ痩せ4。肝臓大名へたんぱく質の年貢を納め時

ハイボールは飲んでも太らない!!
 
これは全くの嘘ですね。
 
色々と調べたんです。
 
僕は前回書いたようにお酒が大好きですございます。
 
基本的にはビールのみでしたが、焼酎の午後ティストレート割、ハイボール、レモンサワーは飲めるようになりました。
 
この4種類以外は飲めません。
 
日本酒とかワインとかは全く飲めないんです。
特に赤ワインはもう本当にダメなんです。
 
さて、そんなビール党の僕ですが、なぜハイボールを飲めるようになったかというと
 
ハイボールは太らない」
 
と言う嘘みたいな言葉を信じたからです。
「清純派AV女優」と同じくらいの嘘具合です。
 
結論言うと太ります。
 
太るメカニズムを発見してしまいました。
 

太らないメカニズム

 
まずこれは僕は詐欺だと思っているんですが、ハイボールが太らない理由はコレです。
 
糖質が少ないから
 
ライザップに代表される糖質制限ですが、糖質は太る悪魔の食材とされました。
 
炭水化物の事ですね。
 
パンやお米などの炭水化物は糖質となり燃焼しきれなかったものが脂肪になるという理屈です。
 
ビールも麦から作ってますから、当然に糖質があります。
 
なのでグリーンラベルやら糖質を抑えた商品がバカ売れですね。

 

 

魅惑のハイボール

 

そんで、ハイボールはどうなのかと言うと、炭酸水は糖質がありません。

 
ウィスキーは糖質や不純物を蒸発させているから、糖質がほぼありません(蒸留酒だったかな?知らんけど)
 
ウィスキーは糖質がでない製法なんですって。
他には芋焼酎とかは「発酵酒」だかで、糖が含まれてるそうです。
 
そりゃーウィスキーと炭酸水だもん太る理屈がないわけです。
 
これ言われたら、信じちゃうよね!!
 
僕はそれを信じてハイボールガブ飲みしてきたわけです。
 

太る理由

 
僕は信じて信じてビールをハイボールに変えました。
 
だがブクブク太りました。
 
それでも「いや!ハイボールは太らないぞ!!」と言う方がいるなら出てきやがれ
 
俺のお腹を見せてやろう!!
 
僕が考えついたのが糖質じゃなくてタンパク質の方です。
 
筋肉を作るには、その材料であるタンパク質が必要なんです。
 
いくら筋トレしたり、ジョギングしたところで、その原料が無ければ筋肉にはならないのです。
 
ゼロに何掛けてもゼロだってやつです。
 
で、お酒を分解する肝臓の燃料ってタンパク質なんですって。
 
だから、たくさん酒飲んでたら、筋肉になるべきタンパク質が肝臓につかわれるので、どれだけ歩いても筋トレしても筋肉にならないのです。
 
だってタンパク質は肝臓にもっていかれてるからね。
 
もう肝臓大名ですよ。
ここいらの領主ですよ。
 
僕の体はタンパク質と言う年貢を肝臓大名に納めまくり、自分達は何も食べるものがない状態ですね。
 
燃料全部肝臓にもってかれてるから何やっても僕は痩せなかったという話ですね。
 
と言うことで二日間禁酒したので今日は飲みます。

f:id:anatano-kameya-2014:20200821233104p:plain

 
カンパーイ!